やはり瞼が厚いと時間がかかる? 二重記念美で二重を定着させるのにどれだけの時間が必要か?

一重瞼がコンプレックスになっている人達が高い関心を寄せる二重記念美。この美容液の魅力は、使っているうちに二重の線を定着させられる点でしょう。同時にどれほどの期間ケアを続ける必要があるのか、知りたい人も多いはずです。

 

たとえ個人差があるにせよ、自分が使った場合、どれくらいの時間がかかりそうなのか一応の目安を知っておけば、すぐに成果がでなくても焦らずに続けようという気になるでしょう。

 

 

早い人は3日で、遅い人なら1年半かかることも

 

一重の瞼に癖を付けて二重にすると言っても、使う人の瞼の厚みによって効果の出方はかなり違ってきます。同じ一重瞼でも脂肪がしっかり付いた厚い瞼もあれば、薄くスッキリとした瞼もあります。二重美容液を使って二重のラインを定着させやすいのも後者のタイプであることは言うまでもありません。

 

一番早く効果が現れた事例としては、使用開始から3日程度という報告があります。そこまで早くなくても、1週間程度で二重の線が定着してきたという事例も確認されています。

 

逆に瞼が厚ぼったい場合は、それより長い期間が必要となってしまいます。中には満足のいく二重を手に入れるまで1年半も費やした人もいるのだとか。また癖がついたと思ってケアを止めたりすると元の一重に逆戻りしやすいのも、厚みのある瞼の面倒な点です。ですから、厚い瞼の人は二重の線ができた後も、頻度を加減しながら使用を続けた方が良いでしょう。

 

これらのように、特に癖付けがしやすいとか逆に癖を付けにくいケースを別にすれば、二重記念美の効果を実感できるまでの平均的な期間は、3カ月かそれ以上が目安だとされています。

 

奥二重なら3カ月以上はかかる

 

一重瞼の人が癖付けをするのに必要な期間について記述しましたが、実は二重記念美の利用者は一重の人ばかりではありません。勿論、利用者の大半は一重瞼の人達なのですが、中には奥二重や幅の小さい二重瞼を矯正するために使っている人もいます。

 

特に二重の線はあるものの、厚みのある瞼が覆い上から被さってその線が隠れてしまう奥二重などは、一重と見間違えられることも少なくありません。それだけに奥二重の瞼には脂肪も多く付いているため、瞼の厚い一重同様、癖を定着させるまでに相当の期間が必要となる訳です。

 

従って奥二重の場合、効果を実感できるまで少なくとも3カ月から6カ月程度はかかるとされています。人によっては更に長い期間ケアを続けることになるかもしれません。

 

幅を広げるのなら、比較的早く結果を出せる

 

同じ二重でも幅の広い方が狭い二重より、華やかで明るい印象を与えます。そうしたことから元々二重であっても、その幅が狭いと「もっと幅を広くしたい」といったニーズが生まれてくる訳です。二重なのに二重記念美を使う人がいるのはこのためですが、こうした利用者は、一重瞼や奥二重の人に比べて効き目も比較的早く現れる傾向にあります。

 

勿論、個人差があるので1カ月程度の人もいればそれよりも長い時間がかかってしまう人もいます。しかし、早い人なら初めて使った時点で手応えを得られるそうです。

 

幅を広げる目的で利用する場合、個人差の他にも、ケアの仕方が期間の長短を左右することがあります。なかなか上手くいかない人に共通しているのは、最初から幅を広くとりすぎてしまうこと。寧ろ徐々に二重の幅を広げていった方が、いきなり理想通りのラインを描くよりも着実に幅を大きくすることができるのです。

 

おしまいに

 

以上のことから、二重記念美で理想の二重瞼を手に入れるまでの期間は、利用者が一重であるか奥二重であるか、瞼が厚いか薄いかによって異なることがお分かりいただけたでしょう。幅を広げるケアなら割と早く成果が出せそうですが、始めから欲張りすぎるのは禁物です。また奥二重とか一重で瞼の脂肪が多い瞼で時間がかかりそうな人は、我慢強く毎日根気よくお手入れを続けるようにして下さい。

 

  価格 内容量 詳細へ
二重記念美

通常4680円 定期購入2980円
5ml/約1ヶ月分 >>キャンペーン価格詳細
ページの先頭へ戻る