これはも守るべき! 二重記念美で効果を上げるための正しい使い方

アイプチで作ったニセモノの瞼では飽き足らない、本物の二重瞼になりたい...一重や奥二重の瞼にコンプレックスを持つ人には、こうした願望があると思います。そんな人達に是非おススメしたいのが、本稿でこれから取り上げる「二重記念美」。

 

 

どんな二重美容液なのかと言えば、就寝前に塗布してそのままベッドに入ると翌日には瞼には二重の癖がついているというもの。しかも使い続けることで瞼にラインが形成されていき、やがて本物の二重になれるというのですから、一層期待が高まりますね。

 

実際、この二重美容液の存在を知って「私も使ってみたい」と思う人も少なくないのですが、中には誤った使い方をして、期待したような成果を上げられないケースもあるようです。「寝る前に塗るだけ」と聞くと、楽なお手入れのように思えますが、それでも正しい使い方や注意すべき点があるので、利用を考えている人はそれをきちんと押さえておく必要があるでしょう。

 

二重記念美を使う時にやってはいけないこととは?

 

 

まず最初に「これはやってはいけない」というNGな使い方から説明していくことにしましょう。

 

NGその1 化粧や皮脂を落とさないまま使う

 

アイシャドウ等の化粧をしていたり、素顔でも瞼に皮脂が残っている状態で二重記念美を塗ると、それらの付着物と美容液とが混じり合って粘着力が落ちてしまいます。

 

もっとも化粧も落とさないままベットに入る人はまずいないので、二重記念美を使用する寝る前の時間帯というのは、ノーメイクでいるのが普通でしょう。しかし顔を洗った後、ある程度以上時間が経ってしまうと、その間に皮脂が分泌されたりするので、美容液を塗る直前に改めて念入りに拭き取っておく必要があります。

 

仮に皮脂等が残ったまま二重の癖付けをしても、しっかりと固定できなくなってしまいます。そのため睡眠中に何時の間にか剥がれ落ち、朝起きた時には二重の癖がついていなかったということにもなりかねません。二重記念美は余計な付着物を取り除いてから塗る、これが鉄則です。

 

NG2 必要以上に塗り過ぎる

 

二重記念美にはラインを付けたい位置に薄くひと塗りするだけで皮膚と皮膚とを貼りつける十分な接着力があります。それなのに「ひと塗りだけでこれだけ貼りつくんだから、沢山塗ればもっと効き目があるだろう」と勘違いして、厚塗りや重ね塗りをしてしまう人がいます。しかしこれでは逆に剥がれ落ちやすくなるので、注意して下さい。

 

時々「使用方法は間違っていないのにケアした部分がカピカピになってしまった」という口コミを見かけたりしますが、その「カピカピ」も塗り過ぎによって不要になった糊が固まったために起きる現象です。

 

公式サイトにも掲載されている通り、二重記念美の効果を確実に得たいのなら、1度のケアで塗る回数は1回、それも薄く塗布することを心掛けましょう。反対に多量につけてしまうと効き目が落ちるだけでなく、場合によっては肌トラブルを発症する危険性すら出てくるので、避けるべきです。

 

朝起きたら前夜ケアした箇所を綺麗に落とすこと

 

二重記念美によるケアは、朝起きて前日に癖付けした箇所をしっかり洗い流した時点で初めて完了したと言えます。その際の落とし方も大切で、たとえ就寝前のお手入れの仕方が間違っていなくても、起床後の洗顔で綺麗に二重記念美を落としておかないと、思うような効果を上げることは出来ません。勿論、洗顔をサボるなど以ての外ですね。

 

ただ自分では洗顔で全部洗い流したつもりでも、実際には糊がまだ残っていることがあります。それに気が付かずに放置しておくと、肌荒れ等の異常が出てくることもあり得るので、洗顔後には洗い残しがないかチェックする習慣をつけると良いでしょう。

 

仮に肌に異常が発生した場合、たとえ二重のラインが定着しかけていても、そこで使用を止めざるを得なくなってしまいます。腰を据えて使い続けるためにも、正しい洗い方を知っておくべきなのです。

 

クレンジング剤を使う

 

前の晩に塗った二重記念美は朝には固形化した状態になっています。これを落とす手段としては、まずクレンジング剤の使用が考えられるででしょう。尚、クレンジング剤はシートでもオイルでも構いません。尚、寝る前のお手入れを正しい方法で行っていれば、洗顔後も癖付けをしておいた二重はしっかりキープできるため、「クレンジング剤で洗うと効き目が落ちそう」といった心配は無用です。

 

蒸しタオルなどでふやかす

 

クレンジング剤を使わない場合、水だけで洗おうとしても、なかなか上手くいかないかもしれませんが、それでも水でふやかしてから洗うと落としやすくなるでしょう。具体的な手順としては、硬くなった美容液を柔らかくするため、最初にぬるま湯を含んだ脱脂綿、もしくは蒸しタオルを瞼に当てて浮き上がらせてから、顔を洗って下さい。

 

何れの方法をとるにせよ、美容液を皮膚の上に残さないことが大切なのは言うまでもありません。

 

最初から幅の広い二重に挑戦しないこと

 

一口に二重瞼と言っても、幅の狭い二重よりも西洋人のように幅の広い二重の方が好まれる傾向にあります。しかし、全く癖付けがされていない段階では、幅の狭い二重は作れても広い幅を作るのは難しく、いきなり幅の広い二重の線を付けようとしても、実際にそれが定着するまでかなりの時間がかるのが現実です。そこでおススメするのは、一番最初に塗る時は自分の理想とする位置よりも幅の小さい瞼を作るようにし、効き目が現れてきたと感じたら、そこから次第に理想のラインに近づけていく方法です。

 

この方法は一見、遠回りのようにも思えますが、実際にはこうした手順を踏んだ方がより早く理想の二重を手に入れられる可能性が高いのです。最初から理想の線を作りたいという気持ちは理解できますが、そのやり方は賢明とは言えません。「急がば回れ」という言葉もある通り、経過を見ながらじっくりと幅を広げていった方が結果的には時間の節約にも繋がります。

 

たとえ本来の使用方法を守っていても、早く効き目が現れる人とそうでない人がいるのは確かですが、早く効果を上げる方法があるのなら、それを試すのは当然ですよね。

 

二重記念美の効果的な使い方と注意点まとめ

 

二重記念美の内容量は8ml。これを有効に活用するためにも必要以上に厚塗りしたり、理想のラインを定着させるまで時間をかけすぎることは避けたいですよね。そのためにも、予め正しい使用方法を頭の中にしっかり叩き込んでおいて下さい。使用方法が正しければ、二重記念美による寝る前のお手入れと翌日の洗顔だけでもパッチリとした二重瞼を作れるでしょう。

 

現在、二重記念美の公式サイトでは、通常価格より安い価格で販売するキャンペーンを実施しています。但し、キャンペーンは予告なしに終了することもあるため、お得に手に入れられるこのチャンスを逃さないためにも、早めに公式サイトへとアクセスするようおススメします。

 

その公式サイトへ行くには、こちらをクリックして下さいね。

  価格 内容量 詳細へ
二重記念美

通常4680円 定期購入2980円
5ml/約1ヶ月分 >>キャンペーン価格詳細
ページの先頭へ戻る